墓じまい後の遺骨-ご供養方法|代行の粉骨・散骨や永代墓納骨|おこつ供養舎

墓じまい遺骨の洗浄粉骨

粉骨作業の極みは先祖代々様の墓じまい遺骨の一連の洗浄・乾燥・粉骨作業だと思います。
 
いま、日本全国で墓じまいが進行しています。
墓じまいをしてくれるご遺族様がいらっしゃる、ご先祖様はまだ幸せな方で
無縁仏になってしまったお墓が全国で増えていく一方です。
 
地方の過疎化、核家族化、不景気、少子化などによりお墓を管理、維持していくことは
好むと好まざるとに関わらず、できないのです。
 
墓じまいをした後に、どうすれば永代供養?・・・永久供養をすることが出来るのでしょうか?
 
お墓に入っていたお骨は、将来的に無縁仏状態になっても心配のない公営の納骨堂や
公営の樹木葬墓地・合祀墓などに移動しなければ、永久供養が保証されない時代に
突入しようとしています。
 
民間の霊園も納骨堂形式への新規参入や、樹木葬型霊園の拡大などを行っています(結果として

墓離れに拍車がかかっているのかもしれません)
※墓じまいとは逆に将来的に民間霊園の管理離れ(倒産など)のリスクはあります。
 
土地をお持ちのお寺様は個人の墓標方式から合同墓(納骨堂・合祀・集合墓・永代供養墓等)
の方式も取り入れていくようになりました。
 
物事に永遠や永久はないのかもしれませんが
現在の所は精神的に最も永久供養に近いのは散骨葬かもしれませんね。
 
今回は墓じまい遺骨の洗浄や粉骨についてお話しします。
 
お墓の中に骨壺に入って納骨されていたお骨ではなくて、先祖代々のお遺骨が時代を経て重なり合って
納骨されていた土交じりのお遺骨様のお話です。
 
お墓の中から掘り出されたお遺骨は最終的に厚手のビニール袋に入って当社へ送られてくるか
ご遺族様がお持ち込みになられます。

 
お寺様などの改修工事の為のお遺骨ですと、ポリ容器に入っていて一容器の重さが3〜40sなどと
いうこともあります。
 

墓じまい後の粉骨方法

墓じまい後のお遺骨をご遺族様からお預かりすると、汚れの程度のわずかなものから
土まみれ、泥まみれ、中には火葬していない土葬の遺骨だったりします。
 
さすがの私も一瞬ひるんだのは骨壺の蓋を開けたら頭蓋骨が一つそのままの形で入っていた
等という事がありました(笑)
100年続いた先祖代々のお墓を墓じまいされたそうです。
 
 
骨壺に入れないで土の上にそのまま埋葬されたお遺骨の墓じまい遺骨は土ごと送られて
くることが多いのですが、お遺骨の洗浄の時になぜかムカデ君とよく遭遇します。
昆虫学者さんならムカデ君滞在の理由を説明できるのかもしれませんね。
 
墓じまい遺骨はお遺骨様と対面した時からワクワク感があります
「こんにちは、私がこれから綺麗にしてあげますからね」
通常粉骨と異なり墓じまい遺骨は洗浄から始まります。
通常の粉骨は乾燥させることから始まるのですが墓じまい遺骨は

まずお骨を濡らすことから始まります。
 
お遺骨の入った専用の大型ストレーナーごと大量のお水の中に入れて一時間ほど
漬けておきます。
 
お水が十分にしみ込んだところで補水しながら撹拌すると水よりも軽い不純物が流れ出ます。
 
やがて水がやや澄んできたら水から上げて2重フイルターの洗浄専用トレイに移して
目で確認しながら高圧シャワーをします。
お遺骨がみるみる綺麗になっていきます。
 
その後、当社の乾燥室に安置して3日間ほど基本的な水を抜きます。
その後、表面積の大きな全面から空気の入る什器に移し替えて送風除湿乾燥します。
お遺骨は1〜2日に一度天地を入れ替えて2〜3週間で完全に乾燥します。
(お急ぎの場合は乾燥機を使い3日ほどで乾燥させる事も可能です)
その後は通常の粉骨作業と同じ流れになります。

 
通常の粉骨作業の抜粋
@ 異物の除去/小石、炭、プラスチック、金属片etc
A お遺骨を粉骨機へ入れます(海外散用粉骨や特殊な処理の場合は別工程)
B 遺骨の六価クロム無害化のための試薬投入
C 黙とう。スイッチon
D 綺麗な粉骨の出来上がりです。
E ご遺族様のオーダーにより
 海洋散骨用水溶性紙梱包、樹木葬用梱包、お墓や納骨堂用の骨壺に入れ替え
 自宅供養するための様々なご依頼に対応、ご乗船や代行散骨葬用の梱包など等
 ?出来るだけオーダーにお答えしています
 
ここまで墓じまい遺骨の洗浄から粉骨までの流れを簡単にご説明いたしました。
冒頭に墓じまい遺骨の粉骨が粉骨作業の極みと書いたのは、墓じまい遺骨様と
ご対面してからお別れまでのプロセスが長いことと、変化していくお遺骨様と
付き合っていくうちにお遺骨様が私に何かを教えてくれているからかも知れませんね。

 
合掌

 

→参考 (コラム 自分で粉骨)

 
 
※墓じまい遺骨はご自身で散骨規格まで粉骨するのは難しい場合が多いと思います。

参考 (コラム 遺骨粉骨)

 

 

資料のご請求・送骨用梱包キットをお送り致します

送骨キット カード決済

※箱の送り主は合同会社 江戸の吉田となっておりますので、他の方には中身がわからない配慮となっております。

梱包キットのみの販売も可能です
販売価格3,780円(税込)送料無料でお送り致します ※荷姿はお送りした箱の中に白色の送骨箱が入っている状態でお送り致します

 

販売専用仕様となっております

 

送骨キット

送骨箱使用方法の説明書付き 3寸〜7寸の骨壺・骨箱対応パッキン付き 元払いと着払い送り状付き 送骨箱面に【おこつ供養舎】の印刷が入っておりません

 

※送骨箱はコンパクトな通称100サイズ(6〜8寸用の場合)  と呼ばれるものです    

送骨キットの箱は連結が可能です(最大4箱まで)

複数の骨壺を同一箇所にゆうパックで送る際には、箱を連結して1個口で発送する事が出来る状態で お届けいたします。 複数口で発送するよりも送料がお安くなります。

1箱の場合

(100サイズ)

送骨キット1箱用 

2箱の場合

(140サイズ)

送骨キット2箱用 

3箱の場合

(160サイズ)

送骨キット3箱用 

4箱の場合

(160サイズ)

送骨キット4箱用 

例えば1箱の送料は

 

東京→仙台   1,310円

 

東京→北海道 1,730円

東京→北海道×2個

3,340円

 

2箱を連結した場合

2,220円

 東京→北海道×3

5,010

 

3箱を連結した場合

2,440円

東京→北海道×4個

6,680円

 

4箱を連結した場合

2,440円

資料請求はこちら

 

ボタン

 

電話番号

スマートフォンの方はコチラから

※ネット関連の業者様の電話での営業はご遠慮くださいませ

※マスコミ関連の方の取材申し込みは故人様の尊厳をお守りする為に、基本的には

お断りさせて頂いております(社会的貢献度が高いとご判断されている場合は、ご相談下さいませ)

FAX

(9:40〜21:00

 

送り先住所

振込先

 

その他のオプション
【おこつ供養舎】

このページのトップへ戻る

関連ページ

骨洗浄について
墓じまい遺骨の洗浄や乾燥、墓じまいや改葬時のお遺骨の移送方法について。墓じまいのお遺骨は洗浄や乾燥して粉骨・散骨葬をする事が可能です。粉骨して自宅供養することも出来ます。 また、おこつ供養舎ではお遺骨のお引き取りや移送・東京谷中の永代供養墓への納骨や、自宅墓のご紹介・納骨も承っております。 墓じまいの際の送骨用梱包キットも無料発送致しますのでお気軽にお問合せ下さい。
コラム墓じまい後の御遺骨はどうする?
墓じまい・改葬の必需品
墓じまいや改葬の際に必要になるもの、事前に準備しておいた方が良いものを12点セットにした墓じまい遺骨専用の持ち運びバッグと、墓じまい専用の送骨キットをご用意しました。 墓じまいバッグには、骨壺保護材が側面・底面についており、お遺骨(骨壺の)持ち運びや搬送を安全に行うことが出来ます。 墓じまい送骨キットは骨壺がぴったり収まるゆうパック80サイズですので、無駄なスペースがなく送料もお安く送って頂くことが可能です。
墓じまい・改葬の便利グッズ

TOP 粉骨 散骨葬 墓じまい 手元供養 お問合せ 資料請求