【粉骨】してご自分で散骨する方法・手順|粉骨・散骨業者|おこつ供養舎

ご自身でご散骨される場合のご案内

 

散骨に関する留意事項はこちらでもご確認いただけます

乾燥

クリック

 

自分で散骨する場合1

自分で散骨する場合2

自分で散骨する場合3

自分で散骨する場合4

乾燥

乾燥

乾燥

自分で散骨する場合8

 

乾燥

 

 

粉骨ボタン

散骨ボタン

乾燥

問い合わせボタン

資料のご請求・送骨用梱包キットをお送り致します

送骨キット カード決済

※箱の送り主は合同会社 江戸の吉田となっておりますので、他の方には中身がわからない配慮となっております。

梱包キットのみの販売も可能です
販売価格3,000円(税込)送料無料でお送り致します ※荷姿はお送りした箱の中に白色の送骨箱が入っている状態でお送り致します 販売専用仕様となっております 送骨箱使用方法の説明書付き 3寸〜7寸の骨壺・骨箱対応パッキン付き 元払いと着払い送り状付き 送骨箱面に【おこつ供養舎】の印刷が入っておりません

梱包キット申込

※送骨箱はコンパクトな通称100サイズと呼ばれるものです

 

 

 

資料請求はこちら

 

ボタン

 

電話番号

スマートフォンの方はコチラから

 

FAX

(11:00〜21:00/

 

送り先住所

振込先

 

その他のオプション
【おこつ供養舎】

このページのトップへ戻る

関連ページ

海洋散骨葬
東京都江戸川区散骨代行業者。日本全国対応の委託代行散骨葬・乗船プランのご費用や種類・散骨葬の流れ等をご紹介。送骨キット無料配送。業者に委託しない場合でも、お遺骨を粉骨しておくと自分で散骨する事も可能です。船名@ホーム352海里号。墓じまい後のお遺骨の洗浄粉骨やご散骨の実績も多数。海外散骨用の粉骨サービスもございます。
散骨のご費用
おこつ供養舎の散骨葬は2.5万円〜。代行散骨葬や貸し切り乗船散骨等、ご希望のプランを費用安価でご提供。東京湾代行散骨2.5万円、相模湾代行散骨3.5万円、沖縄代行散骨4.5万円等(粉骨費用・骨壺処分・ご献花・ご献酒・散骨証明書等の費用を含む) 墓じまい遺骨の海洋散骨葬も承ります。 散骨葬(東京湾・相模湾・大阪湾・沖縄)や散骨用水溶性紙袋のご注文はAmazon・楽天からの申込も可能です。
水溶性紙袋を販売しています
おこつ供養舎では、ご自身でご散骨をされる方のために水溶性紙袋や水溶性骨壺の販売をしております。7寸壺の遺骨粉骨がすべて入る水溶性紙袋(Lサイズ)や水に溶ける骨壺、なかなか手に入らないA3サイズの水溶性紙の販売も行っております。(Amazonからもご購入可)
送骨して散骨する
送骨とは何らかの事情でお遺骨をお墓に持っていけない方が利用する現代社会における一つの納骨方法で有るといえます。寺院や散骨業者などにお遺骨をゆうパックで送り、共同墓に納骨したり海洋散骨葬をすることを指すことが多いです。
水溶性紙袋ご注文フォーム
コラム【散骨について】
海洋散骨・散骨の総合コラム。手続き方法や散骨葬の流れ、ノウハウについて。散骨についての考え方やご自身で散骨する場合の注意点などもわかりやすく解説。【東京都・粉骨・散骨代行業者】
Amazonからもご依頼頂けます
Amazon公式サイトからオンライン通販で散骨や粉骨サービスをお申込みいただけます。送骨キットの無料配送や販売用の送骨箱もご用意。お遺骨の一時保管や手元供養品の制作・散骨用水溶性紙袋や水溶性骨壺の販売も行っております。当社(東京都江戸川区/年間352日対応)は遺骨供養の専門会社です。
生前予約|海洋散骨葬や納骨堂への生前予約方法と手順|おこつ供養舎

TOP 粉骨 散骨 手元供養 資料請求 お申込み お問合せ