分骨する方法|粉骨・遺骨粉砕サービス|粉骨業者|おこつ供養舎

分骨の種類と方法について

分骨/粉骨するとミニ骨壺で

分骨とは

分骨とは文字通り、亡くなった方のご遺骨を分けることを指します。
葬儀が終わった後、御遺骨は1ヶ所に納骨をするのが一般的ですが
近年、さまざまな理由から分骨を希望する方も増えています。

 

なぜ分骨するのか

社会背景や近年のお墓への意識の変化に伴い、分骨を選ぶ人は増加傾向にあるようです。

分骨する理由には

故人様を身近に感じたい

故人様を、お墓参りの時だけではなく、いつも身近に感じていたい
故人様の御遺骨をご自宅でも供養されたい
等とお考えの方は、分骨して御遺骨の一部を手元に置いてご供養されることで
故人様を身近に感じることができ、安心感にもつながります。

お墓が自宅から遠くお墓参りが困難
お墓を建てる費用を高いと感じる
散骨・樹木葬をするが一部ご遺骨を残したい

お墓を持たない、お墓はいらない・・・という方も近年増えてまいりました。
また、今はお墓があるけれど、お墓の管理をする人が将来的にいなくなってしまうことを
心配されている方も大変多いです。
お墓に代わるご供養の形として、樹木葬や散骨葬という新しい選択肢も多く存在します。
その選択肢の一つとして「一部を手元供養・自宅供養」を希望される方も、最近では多くいらっしゃいます。
また、お墓にも納骨するけれど、一部は自宅でご供養されたいという場合もあります。
などが挙げられます。

 

粉骨して分骨する方法

粉骨するとコンパクトに自宅供養・手元供養ができます

粉骨すると、御遺骨の容量が小さくなり、分骨して手元供養をされる際にもコンパクトになります。
また、しばらくの間、自宅供養をされた後に散骨葬をお考えの場合にも、粉骨しておくと
ご自身で散骨することができます。(粉骨していない御遺骨は散骨できません)
おこつ供養舎では、分骨用に小分けに梱包したり、小さな骨壺にお納めして粉骨した御遺骨を
お戻しする事も可能です。

 

散骨や納骨をして、一部を分骨する方法

分骨方法
お墓や納骨堂に御遺骨を納骨する際に
一部を分骨して自宅供養や手元供養をする
ことができます。
散骨葬や樹木葬をされる場合も同様です。
また、粉骨した御遺骨であれば、ご自身で
散骨もできます。
納骨される御遺骨は粉骨せずに、分骨される
御遺骨のみを粉骨することも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな骨壺へ納めて分骨

粉骨をされますと、お遺骨の容量が1/4以下になりますので、粉骨したお遺骨を小さな骨壺に入れて
ご自宅でご供養されることが可能になります。

小さな骨壺で分骨

分骨用骨壺の大きさは、2寸(直径7.5p)〜5寸(直径15.5p)位です。

骨壺の価格はシンプルなデザインのもので2,000円〜4,000円前後です。

おしゃれな感じの骨壺ややや高級感のある骨壺で3,000円〜20,000円前後です。

 

分骨用の小さなサイズで存在感のある分骨壺をご用意しております
小さな骨壺で分骨 小さな骨壺で分骨 小さな骨壺で分骨 小さな骨壺で分骨

 

水溶性紙梱包で小分けにして分骨

粉骨したお遺骨を水溶性紙にお入れします

海洋散骨をご希望の方には、粉骨後のお遺骨を水に溶ける水溶性紙に小分け梱包して防水の
為に真空パックしてお戻しいたします。
水に溶けるので、そのまま海へ散骨することも出来ます。水溶性紙梱包(100〜150g)
分骨水溶性紙梱包

 

必要数分に小分けにしてお渡しすることが出来ます

粉骨したお遺骨をご希望数の水溶性紙梱包して小分けしたものを真空パックした状態でお渡しします。
※水溶性紙梱包の追加は1袋500円となります。

 

 

白い部分を選別して粉骨する事が可能です

お遺骨をそのまま粉骨すると、ややグレー(灰色)がかった色の粉末になることが多いです。
おこつ供養舎では、ご希望に合った粉骨方法で粉骨を行っております。

(粉骨方法の種類についてはこちらをご参照ください→)

全量粉骨

通常は全量粉骨で問題はないかと思います。お遺骨をそのまま粉骨する自然な粉骨方法です。
ご費用が一番お安い粉骨方法です。

 

選別粉骨

選別粉骨は、綺麗な白色の分骨・手元供養用のお遺骨と、少しグレーがかった散骨用などのお遺骨の
2種類にお分けして粉骨する方法です。ご費用は全量粉骨の1.5倍になります。

 

 

粉骨しないで、分骨のみを承ることも可能です

粉骨しないで分骨 粉骨しないで分骨

 

粉骨のご費用について

粉骨の費用

※お持ち込み当日仕上げやお立会い粉骨(別途追加費用あり)も可能です。
※上記はゆうパックをご利用の場合の料金です

 

粉骨のご費用について詳しくはコチラ→

 

ご相談・お見積りはお気軽に!

電話

スマートフォンの方はコチラから


資料のご請求・送骨用梱包キットをお送り致します

送骨キット カード決済

※箱の送り主は合同会社 江戸の吉田となっておりますので、他の方には中身がわからない配慮となっております。

梱包キットのみの販売も可能です
販売価格3,780円(税込)送料無料でお送り致します ※荷姿はお送りした箱の中に白色の送骨箱が入っている状態でお送り致します

 

販売専用仕様となっております

 

送骨キット

送骨箱使用方法の説明書付き 3寸〜7寸の骨壺・骨箱対応パッキン付き 元払いと着払い送り状付き 送骨箱面に【おこつ供養舎】の印刷が入っておりません

 

※送骨箱はコンパクトな通称100サイズ(6〜8寸用の場合)  と呼ばれるものです

送骨キットの箱は連結が可能です(最大4箱まで)

複数の骨壺を同一箇所にゆうパックで送る際には、箱を連結して1個口で発送する事が出来る状態で お届けいたします。 複数口で発送するよりも送料がお安くなります。

1箱の場合

(100サイズ)

送骨キット1箱用 

2箱の場合

(140サイズ)

送骨キット2箱用 

3箱の場合

(160サイズ)

送骨キット3箱用 

4箱の場合

(160サイズ)

送骨キット4箱用 

例えば1箱の送料は

東京→仙台   1,310円

東京→北海道 1,730円

東京→北海道×2個

3,340円

2箱を連結した場合

2,220円

 東京→北海道×3

5,010円

3箱を連結した場合

2,440円

東京→北海道×4個

6,680円

4箱を連結した場合

2,440円

資料請求はこちら

 

ボタン

 

電話番号

スマートフォンの方はコチラから

※ネット関連の業者様の電話での営業はご遠慮くださいませ

※マスコミ関連の方の取材申し込みは故人様の尊厳をお守りする為に、基本的には

お断りさせて頂いております(社会的貢献度が高いとご判断されている場合は、ご相談下さいませ)

FAX

(9:40〜21:00)

送り先住所

振込先

その他のオプション
【おこつ供養舎】

このページのトップへ戻る

関連ページ

粉骨の種類と方法
粉骨の種類や方法をご遺族様のご要望に合わせて行うことができます。粉骨すると小さな骨壺での分骨や手元供養でご遺骨をご自身のおそばに置くことが出来たり、ご自身でご散骨をされたりすることが可能です。当社の粉骨サービスは、自社で粉骨しますので安心・低料金です。パウダー状〜砂粒大に粉骨することが出来ます。海外散骨用の粉骨も承ります。
立会い粉骨・持込み粉骨
立会い粉骨やお持込みでのスピード粉骨(約90分)なども承ります。東京都江戸川区の遺骨粉砕業者です。立会い粉骨では、お遺骨の粉砕をご見学いただくことも可能です。ご郵送がご心配な方はお持ち込み粉骨を、粉骨の際に故人様とのお別れ会をされたい方・粉骨をご見学されたい方・故人様らしいセレモニーを執り行いたい方には立会い粉骨をお勧めしています。
出張粉骨
粉骨のご費用
おこつ供養舎(東京都江戸川区-遺骨粉骨・散骨業者)の粉骨費用の詳細ページ。粉骨料金は自社にて粉骨作業を行っておりますのでお安いご費用で、ご提供が可能です。 自宅供養や手元供養に綺麗な選別粉骨・ご散骨用に全量粉骨や、海外持ち出し用の粉骨なども行っております。 湿った状態のお遺骨の粉骨は2.3日の乾燥が必要となる場合があります。 墓じまい遺骨の洗浄〜粉骨や散骨葬もお引受けしております。
お持ち込み・お立会い粉骨のお申込み
持込み粉骨・立会い粉骨のお申込専用ページです。 お持込み(立会い)のご希望ご来社日時をご連絡ください。 お申し込み後、当社よりご連絡を差し上げます。 お電話・FAXからのお申し込みも受け付けております。
粉骨についてのコラム
遺骨粉砕サービスの粉骨方法や流れ、設備、その他ノウハウについてのご紹介。お遺骨を粉砕するか否か、粉骨業者に依頼するか否か…などでお悩み中の方にも詳細をわかりやすく表記しています。 お遺骨を粉砕する事にご不安がある方は是非ご相談ください。
粉骨エピソード
粉骨の際に洗浄・乾燥が必要となる墓じまい遺骨のエピソードをご紹介。
関東から「関西への骨壺の移動
粉骨はAmazonからもご依頼可能
Amazon公式サイトからオンライン通販で散骨や粉骨サービスをお申込みいただけます。送骨キットの無料配送や販売用の送骨箱もご用意。お遺骨の一時保管や手元供養品の制作・散骨用水溶性紙袋や水溶性骨壺の販売も行っております。当社(東京都江戸川区/年間352日対応)は遺骨供養の専門会社です。
粉骨に関するQ&A

TOP 粉骨 散骨葬 墓じまい 手元供養 お問合せ 資料請求