粉骨・散骨業者の選び方-遺骨粉骨・散骨葬|おこつ供養舎

遺骨粉骨・散骨業者の選び方

広まる粉骨・散骨葬と増加する粉骨・散骨業者

近年の日本では高齢化や少子化、国内の人口分散のアンバランス化等により、
お墓の維持や引継ぎが困難となりました。御遺骨の供養の選択肢の一つとしての散骨葬や
海洋散骨葬等への関心や認知度が一般の人達の間でも随分と広まってまいりました。
 
粉骨、散骨の需要が高くなると需要に応えるべく関連の業者さんも増えてまいります。
また、利用する側の方達からも様々な対応の形と質とサービスの要求も増えてきます。
 
サービスを利用する方たちは、日常生活ではご縁の無い粉骨や散骨の知識を吸収するために
まず思いつく情報収集先として
知人の方や葬儀屋さん、石屋さん、お寺さんに聞いてみる
とか
ネットで探してみる(インターネット検索)
などの方法を選択されるかと思います。
 
今回は「ネットで探す」に絞り込んでご説明したいと思います。
 

ご存知の通り、ネットでは様々な情報が乱れ(笑)飛んでいます。
ある程度の怪しげな情報は容認するとしても、明らかに混乱を招くような嘘情報や時代に
そぐわなくなった情報などは削除したい・してほしいと考えるほどです。
 
私達、プロがネットで粉骨や散骨の営業記事を見ていると
「ああ、ここはしっかりしているな」
とか
「まあまあかな」
とか
「ここを直せば良くなるのに」
とか
「ここは業界の害だなぁ」
等とすぐに分かります。
 

新規参入の粉骨・散骨業者

また、新規参入業者の方のホームページは先輩業者さんのホームページ等を素人なりに参考にして
作っているので、思わぬところで内容がブレていて実務経験の無さを露呈してしまっている記事も
よく見かけます。
 
最近のホームページは、専業のレベルの高い方がお作りになるのでとても綺麗で
内容も、まことしやかに(笑)作られていることが多いです。
 
当社の様な、手作りのバタ臭いホームページと比べると明らかに輝いています(笑)
 
ここ数年の粉骨・散骨業に新規参入された業者の方のホームページを見ていると、専業で
粉骨、散骨業に参入された方は、ほとんどが半年以内に消え去ってしまうようです。
早ければ二か月ほどで消滅してしまっている事も・・・
 
これらの事実は、この業界がそんなに甘いものではないと言う事を示唆しているのだと感じています。
 
新規参入でも、本業をお持ちの石屋さんや葬儀屋さんや葬儀関連商品の販売の業者さんは

副業として長続きはしているようですが、新規事業立ち上げ当初の勢いはなくなり、実態は粉骨や
散骨依頼を外注に回したりする窓口的な役割に転じていらっしゃる所が多いようです。
 
当社でもひと月に1〜3件ほどの「粉骨や散骨業務を立ちあげたい」といういうご相談や
粉骨や散骨の代理店依頼のご相談を受けます。
 
ご質問にお答えしたり、アドバイスをお話したりはしていますが・・・
ご相談の内容を総合的に考えるとほとんどが専業経営としては成り立たないと感じます。
(私は色々な会社の社長業を楽あり苦ありで42年間経験してきました(;^_^A
 

粉骨・散骨業者の選択のポイント

本題の粉骨、散骨業者さんの選択のポイントのお話です。
 

相手の顔が見えないからこそ、信頼できるかどうかを見極める事が重要

粉骨に関しては当然の事ですが
お預かりした御遺骨を一片も残さずにお戻しする事
が、さも重要でかつ当たり前のことだと考えています。
 
粉骨業者さんの見極め方を列記すると、現在頑張って誠実に業務をこなしていらっしゃる他社様の
痛いところを突くような事にもなりかねませんので、二つだけアドバイスとしてお伝えおきます。
 
基本的なポイントは
「ネットでの依頼は相手の顔が見えない」
ということです。
 

立会い粉骨

一つ目のポイントは 
「※立ち合いで粉骨が出来ますか」
です。
「ご依頼者様に粉骨作業を見て頂いても良いですよ」というスタンスは、業者さんの顔が
かいま見れる様で分かりやすいですね。
 

遺骨洗浄・乾燥設備

二つ目は
「※どのように洗浄してどこで乾燥させるのですか?」
です。
墓じまいのお遺骨の洗浄・乾燥や粉骨などを依頼する場合に、
遺骨の流れ出ないしっかりとした洗浄設備や安全な乾燥室を持っているか
という事はとても重要です。
 
御遺骨をザルに入れて、洗われて微粉骨や小さなお骨が下水に流れてしまったり、何日も天日に
干されて埃だらけになったりしたら故人様も、ご依頼された方も悲しいですよね。
 

自社での乗船散骨葬

海洋散骨葬の業者さんの選択のポイントですが、それは 
「※自社で乗船散骨葬を行っているかどうか」
だと思います。
代行散骨葬等を依頼するときは
「本当に散骨してくれるかどうかを疑問視している自分自身」を納得させる際の判断材料になります。
ここは特に大事な項目です。
 
当社も日本中の沢山の業者さんから代行の散骨葬を依頼されていますので
「もしも、この業者さんが散骨しないで偽の散骨証明書を発行したら故人様も浮かばれないなぁ」
等と俗物的に考えてしまいます。
 
 
以上を参考にしていただけたらと思います。
 
本当は書きたい細やかなポイントは沢山(笑)ありますが、同業者様の営業妨害になっても
心苦しいので今回は割愛させて頂きました。

 

ひどい話をご紹介させていただきます。
当社やターゲットにされた他社様も含めてですが、近県のとある陰険な業者さんの陰湿で巧妙な
他社誹謗を盛り込んだホームページの作り込みや偽情報を盛り込んだランキングサイトを立ち上げて
ご覧になった一般の方や同業者の方達に迷惑をかけている業者さんがいます。
 
競争社会と言え、あまりにも自分本位の孤高な業者の為に多数の誠実な業者様が不快な思いを
されています。(懇意にさせて頂いてる同業者の皆様との食事会等でも、この業者についての話が
よく出てきます)
 
更には貧困な方のために無料で粉骨、散骨を行っているボランティア団体のサイトにも
嫌がらせの、ありもしない狡猾な中傷の記事を掲載するなどの人間性を疑わざるをえない
行動をしています。
 
老婆心ながら、いつの日か人として生長したときに自分の行動を恥じるときが来ることを
願わざるをえません。
 

また、この方には業種的にも極力清廉潔白な心に近づいたお気持ちで万事に対応を
して頂けることが、物言えぬ故人様の為にも望ましいと事だと考えます。
どの業者さんが、どのような卑劣な事をしているかという詳細情報に関しては、今は記事に
掲載いたしません事をご容赦くださいませ。
 
皆様のご友人、ご先祖様のご冥福をお祈りいたします。

資料のご請求・送骨用梱包キットをお送り致します

送骨キット カード決済

※箱の送り主は合同会社 江戸の吉田となっておりますので、他の方には中身がわからない配慮となっております。

梱包キットのみの販売も可能です
販売価格3,780円(税込)送料無料でお送り致します ※荷姿はお送りした箱の中に白色の送骨箱が入っている状態でお送り致します

 

販売専用仕様となっております

 

送骨キット

送骨箱使用方法の説明書付き 3寸〜7寸の骨壺・骨箱対応パッキン付き 元払いと着払い送り状付き 送骨箱面に【おこつ供養舎】の印刷が入っておりません

 

※送骨箱はコンパクトな通称100サイズ(6〜8寸用の場合)  と呼ばれるものです

 

 

 

資料請求はこちら

 

ボタン

 

電話番号

スマートフォンの方はコチラから

※ネット関連の業者様の電話での営業はご遠慮くださいませ

※マスコミ関連の方の取材申し込みは故人様の尊厳をお守りする為に、基本的には

お断りさせて頂いております(社会的貢献度が高いとご判断されている場合は、ご相談下さいませ)

FAX

(9:40〜21:00

 

送り先住所

振込先

 

その他のオプション
【おこつ供養舎】

このページのトップへ戻る


TOP 粉骨 散骨葬 墓じまい 手元供養 お問合せ 資料請求