墓じまいの手順・申込方法|おこつ供養舎

墓じまいの手順について

墓じまいをするにはどうしたら良い?

お墓の処分といっても、単に墓石を解体して廃棄する・・・というわけではありません。
埋葬・埋蔵されているお遺骨も当然のことながら、勝手に処分することはできません。
安心して墓じまいができるように段取りの手順をあらかじめ理解しておく必要があるかと思います。
 

 

墓じまいの流れ

@ご親戚、寺院に相談して話し合う
まずは、ご親戚に墓じまいをしたい旨とその理由を告げて理解してもらい後々のトラブルを避け
ましょう。
お墓に入っている先祖の血を受け継ぐご親戚の中には、墓じまいを快く思わない人もいらっしゃるかもしれません。
良かれと思って墓じまいをしたことが、後のご親族間でのトラブルの原因になりかねません。
お墓の中の故人様の為にも、ご親族間でお話し合いをされて、皆さんが納得できる墓じまいを
おすすめいたします。

「今はこのままで良いじゃないか」と「今」を先送りしてしまうと無縁墓になってしまう

可能性があるという事を丁寧に説明する事がポイントだと思います。

 
A寺院に相談する
寺院にお墓がある場合、寺院には計画段階から早めに相談をされておくことをおすすめします。
お寺はお遺骨の管理人ではなく、先祖代々のお墓をご供養してきた場所です。
何の前触れもなくいきなり「墓じまいの為にお墓を撤去したい」と切り出せば、寺院側も決して
良い気持ちはしません。「離檀料」という名目で高額のお金を要求されることもあります。
離断料はあくまで「お布施」ですから、最終的には常識的な額に落ち着くにしても、一度トラブルに
なってしまうとお互いに気まずさが残ってしまうものです。
 
B墓じまい後のお遺骨の行き先を考える
これまで埋葬・埋蔵されていたお遺骨の行き先を考えましょう。
行き先としては

別のお墓(○○家のお墓等)に移動される(改葬(かいそう)といいます)
寺院などにある永代供養墓に合葬される(※永代に管理費の無料または有料の違いにご注意)
海や山、お庭などに散骨される(散骨葬)
粉骨して小さくしてご自宅でご供養される(自宅墓やお仏壇等に安置)
お遺骨を何らかの形に変えて手元供養される(手元供養)

 
など、近年ではお遺骨の供養方法も多岐にわたります。
※ご供養の方法についてはページ下の【墓じまいした後のお遺骨の行き先について】をご参照ください。
 
C改葬の手続きをする
お遺骨を移動することは、正式には「改葬」といいます。
市区町村の役所が発行する「改葬許可証」がなければ遺骨を取り出すことはできません。
 
D改葬の手順
土葬のお遺骨があった場合、受け入れ先の墓地で土葬のお遺骨の埋葬を禁じている
ことが多いので火葬が必要となります。
その際は、役所へ改葬許可申請書を提出する際に火葬許可証の発行を求める必要が
あります。
 
E墓じまいをしてくれる石材店を決定する
墓じまいをする際には、墓石を撤去し、墓所を整地して更地の状態で管理者(寺院など)へ返却しなければなりません。
その工事を依頼する石材店を選びます。石材店は、工事のほかに遺骨を取り出すとき
の作業も行います。
※ほとんどの場合は墓地に出入りしている石材店になるようです。
 
Fお遺骨を取り出す
日時を決めて、お遺骨をカロート(納骨室)より取り出します。
 
G墓石の撤去工事を行う
墓石を撤去し、整地して更地の状態で墓所区画を返却します。
 
ここまでの作業、早いケースでは1ヶ月くらいで手際よく行える場合もありますが、ご親戚や寺院との
話し合いが長引いたり、お遺骨の移動先が見つからなかったりと、時間がかかってしまう場合も
多いようです。
あまり急いで行うと後々のトラブルになりかねませんので墓じまいを考えはじめたら、お早めに
じっくりと行動をされることをおすすめします。
 

墓じまいした後のお遺骨の行き先について

 

墓じまいとは


お墓の処分をされる際に「遺骨はどうしよう」
とお考えに達する事と思います。
 

すべてを業者に依頼して
墓じまい→永代供養墓納骨や散骨葬を
することも可能ですが
「全て他人様任せでは、ご先祖様に申し訳ない。
せめて墓じまい後のお遺骨の供養は自分たちの
手で・・・」
または
「ご先祖様のお遺骨を一旦は自宅で供養してから行き先を決めたい」
などとお考えになる方も多くいらっしゃいます。
 
亡くなったご先祖様へのご供養方法は、故人様を思うご親族様のお気持ちの数だけ
多く存在すると思います。
また、時代背景によりお墓に対する考え方は変化していきますので、どのような供養
方法が正しい・・・という「正解」がある訳ではありません。
ご遺族様が「正しい」「こうしてあげたい」と思われるご供養こそが本当の「ご供養」なのかも
しれません。

→コラム【墓じまい後の遺骨はどうするの?】

 

墓じまいに関連しておこつ供養舎に出来る事

墓じまいの

立会いや搬送

墓じまい遺骨の

洗浄や乾燥

永代供養墓

自宅墓のご紹介

墓じまい遺骨の

海洋散骨葬

墓じまいバッグ

の販売

 

墓じまいのお立会いや

御遺骨の搬送

一時的なお預かり

を承ります

 

墓じまい遺骨の洗浄や

乾燥・粉骨を承ります

 

永代供養墓や自宅墓の

ご紹介やご納骨

(代行納骨)

 

 

墓じまい後の御遺骨を

洗浄乾燥・粉骨後

海洋散骨葬を

執り行います

 

 

 

 

墓じまいバッグの販売

墓じまい便利グッズの

販売(全国の

墓じまいの経験から

生まれた墓じまい

お助け用品一式)

このような方はお気軽にご相談ください
墓じまいを検討しているが、取り出してお遺骨の行き先が決まっていない
又は行先は決まっているがどのようにすればよいかわからない
先祖代々のお墓を墓じまいしたいが、遺骨の量や汚れなどの状況がわからない
散骨・分骨をしようと考えているが、骨壺の中に水が溜まっている
お墓から取り出したお遺骨を手元供養にしたい
お墓のスペースがなくなったので、遺骨の容量を減らしたい
永代供養墓などへお墓を移そうと考えている


等々・・・お墓の中のお遺骨の「どうしよう?」はお気軽にご相談下さいませ。

 

ご相談・お見積りはお気軽に!

おこつ供養舎お気軽にお電話ください

スマートフォンの方はコチラから

資料のご請求・送骨用梱包キットをお送り致します

送骨キット カード決済

※箱の送り主は合同会社 江戸の吉田となっておりますので、他の方には中身がわからない配慮となっております。

梱包キットのみの販売も可能です
販売価格3,780円(税込)送料無料でお送り致します ※荷姿はお送りした箱の中に白色の送骨箱が入っている状態でお送り致します

 

販売専用仕様となっております

 

送骨キット

送骨箱使用方法の説明書付き 3寸〜7寸の骨壺・骨箱対応パッキン付き 元払いと着払い送り状付き 送骨箱面に【おこつ供養舎】の印刷が入っておりません

 

※送骨箱はコンパクトな通称100サイズ(6〜8寸用の場合)  と呼ばれるものです    

送骨キットの箱は連結が可能です(最大4箱まで)

複数の骨壺を同一箇所にゆうパックで送る際には、箱を連結して1個口で発送する事が出来る状態で お届けいたします。 複数口で発送するよりも送料がお安くなります。

1箱の場合

(100サイズ)

送骨キット1箱用 

2箱の場合

(140サイズ)

送骨キット2箱用 

3箱の場合

(160サイズ)

送骨キット3箱用 

4箱の場合

(160サイズ)

送骨キット4箱用 

例えば1箱の送料は

 

東京→仙台   1,310円

 

東京→北海道 1,730円

東京→北海道×2個

3,340円

 

2箱を連結した場合

2,220円

 東京→北海道×3

5,010

 

3箱を連結した場合

2,440円

東京→北海道×4個

6,680円

 

4箱を連結した場合

2,440円

資料請求はこちら

 

ボタン

 

電話番号

スマートフォンの方はコチラから

※ネット関連の業者様の電話での営業はご遠慮くださいませ

※マスコミ関連の方の取材申し込みは故人様の尊厳をお守りする為に、基本的には

お断りさせて頂いております(社会的貢献度が高いとご判断されている場合は、ご相談下さいませ)

FAX

(9:40〜21:00

 

送り先住所

振込先

 

その他のオプション
【おこつ供養舎】

このページのトップへ戻る


TOP 粉骨 散骨葬 墓じまい 手元供養 お問合せ 資料請求