自宅墓-いつでも手を合わせられる安心感|自宅供養|おこつ供養舎

自宅供養墓-粉骨した御遺骨が4柱様まで納められる簡易収納式自宅墓

自宅墓 自宅供養墓

自宅墓とは?

「お墓がない・いらない」「遠方のお墓よりも、自宅で供養したい」
・・・等、お墓や供養のスタイルは、近年様変わりしています。

 

自宅墓とは、ご自宅で故人様をご供養するにあたり
骨壺ではなく「お墓を模した何か」または「お墓の代わりになる何か」で御遺骨をご供養する方法です。
新しい供養のスタイル・選択肢の一つと言えるでしょう。

 

自宅墓の多くは、ご自宅に御遺骨を納めて供養するわけですが、その納骨方法は様々で
仏壇下の引き出しに骨壺を納めるもの
納骨場所がミニチュアのお墓の形をしているもの
など手元供養よりも、お墓や仏壇を意識したものが多いようです。

 

自宅の庭にお墓を作ることはできません

「自宅の庭にお墓を作るということではないの?」と思われる方もいる事でしょう。
今の日本の法律では、自宅の庭にお墓を新しく作ることはできません。
「墓地、埋葬等に関する法律」により、「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」とあります。
墓地を経営するためには、都道府県知事(権限が市町村長に委任されている場合有)の許可が必要です。
つまり、自宅の庭へ遺骨を埋めて墓とすることは許されていないのです。
※まれに、古くからのお墓がお庭にある家もあります。これは「墓地、埋葬等に関する法律」ができる
昭和23年よりも前に作られたお墓で、その存在が許されているものです。

 

おこつ供養舎の自宅墓

おこつ供養舎でも、自宅墓を取り扱っております。
おこつ供養舎の自宅墓は

故人様が安らげる
「お墓が置いてある」と見る人に強く意識させない
小さなお仏壇としてもご使用いただける
コンパクトで、重々しくならない

新しいスタイルの自宅墓(簡易収納式)です。

自宅墓 収納式自宅墓 ミニ仏壇

 


自宅墓-いつでも手を合わせられる安心感|自宅供養|おこつ供養舎記事一覧

自宅供養に|自宅墓-いつでも手を合わせられる安心感|おこつ供養舎

お仏壇であり、お墓でもあります「維持するのが大変なお墓はいらない」「手をあわせたい時にすぐそばに」そんな想いにお応えする一台二役の新しい供養のカタチ。供養にお墓とお仏壇の両方が必要なのでしょうか後世に心配や負担を残すお墓が本当に必要なのでしょうかいつでもすぐに会える自宅での供養ではいけないのでしょう...

≫続きを読む


TOP 粉骨 散骨葬 墓じまい 手元供養 お問合せ 資料請求