粉骨の種類と方法|手作業粉骨や機械粉骨の場合の費用の違い・その他粉骨方法の種類

粉骨の方法と種類|ご費用や粉骨後の梱包方法

粉骨の種類と方法・ご費用

粉骨する方法は、一般的には業務用のミル(粉砕機)でパウダー状にします。

お亡くなりになってから、ご自宅で2年以内くらい供養されていたお遺骨で

国内散骨や樹木葬用の単純な粉骨の工程の場合は

まず、お遺骨のお掃除から始まります。お掃除と言ってもお遺骨が汚れて

いるわけではなくて、お遺骨の中に混じっている釘やホッチキス(棺桶に使われていた)や

歯科金属などの取り除きから始めます(この時に六価クロムを無害化するための処理をします)

お掃除が終わると粗粉骨を行います。粗粉骨をした後に破片状になったお遺骨をミルに入れて

30秒ほどでパウダー状の粉骨になります。

 

また、お遺骨をそのまま粉骨すると、ややグレー(灰色)がかった色の粉末になることが多いです。

その理由として、お遺骨の中にお遺骨以外の黒い物(詳細は省略)が残っている事が挙げられます。

おこつ供養舎では、ご散骨用粉骨・手元供養用粉骨・ご自宅供養用粉骨等

目的に合わせた粉骨方法をご提案しています。

 

全量粉骨 - お遺骨を全てそのまま粉骨 -

全量粉骨

お遺骨をそのまま粉骨する自然な粉骨方法です。
粉骨がややグレーっぽい色になります。
ご費用が一番安価な粉骨方法です。
ご散骨用や納骨用に粉骨をされる場合は全量粉骨で
問題はないかと思われます。
粉骨した御遺骨は水溶性紙に梱包して必要数に
小分けにしてお渡しする事もできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選別粉骨 ‐お遺骨の白色部分を選別して手元供養や分骨に‐

選別粉骨

選別粉骨は、綺麗な白色の分骨・手元供養用のお遺骨と少しグレーがかった散骨用などのお遺骨の2種類に
お分けして粉骨する方法です。
ご費用は手作業での選別となりますので全量粉骨の
1.5倍になります。
分骨や手元供養などをご希望の場合は選別粉骨が
おすすめです。
※全量粉骨した場合でも白色の粉骨に仕上がる
 場合が50%くらいの確率であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

手作業粉骨 ‐優しく丁寧な手作業での粉骨方法‐

通常の粉骨は機械を使用して行いますが手作業粉骨は全工程を手作業で粉骨する方法です。

ご費用は粉骨料金の1.5倍になりますが、手作業で粉骨いたしますので故人様にも

優しい感じのする粉骨方法です。

 

※最近では粉骨に対するご理解が浸透したせいか、手作業での粉骨をご希望の方は少なくなりました。

また、散骨する場合は手作業粉骨では相当に困難です。

90%くらいまでは手作業で、1時間ほどで粉骨できますが残りの10%くらいの固いお遺骨を

海洋散骨用のレベルまで手作業で粉骨するには数時間を要すると思われます。

 

海外で散骨するための粉骨−海外持ち出し用粉骨−

ハワイやタイなど海外でご散骨をご希望の場合は、英文でお遺骨であることが分かる文章を

記した水溶性紙に梱包し、国内散骨用よりも粗めの粉末に粉骨致します。

粉骨粒子の違いについて

A.海外散骨(持出)用粉骨 B.国内散骨用粉骨

海外持ち出し用粉骨

 

粉骨の粒子を粗目に仕上げてあります

(Bの国内散骨用と比較するとわかりやすいです)
※入国の際の手荷物検査などで、怪しげな
薬物などと間違われることがなくなります。

国内散骨用粉骨



パウダー状の一般(全量)粉骨です
きれいなのですが、何やら薬品のようにも
見えてしまいます(笑)

 

荒め粉骨(A)は山中などで散骨する際なども、一度に土中に溶けませんので自然にやさしいです。
海外散骨用粉骨の梱包
※袋の中身が遺骨であることを、水溶性紙に英文で
記載して真空パックします

 

 

 

 

 

 

一部粉骨

関東地方の骨壺を関西方面に移動(納骨)しようとすると
お寺さんや納骨堂から

骨壺を小さく

「関東の骨壺(6〜7寸壺)は、大きすぎてお墓に入りません
と言われてしまうという問題が(かなりの確率で)発生します。

 

西の地方の骨壺の大きさは、4〜5寸(まれに3寸)が普通サイズです。
7寸の骨壺から、4〜5寸の骨壺に御遺骨を移しかえた場合
確実に納まりきらない御遺骨が出てしまいます。
骨壺に納まりきらなかった御遺骨を散骨する方法もございますが
今までご供養してきた御遺骨を散骨してしまうのは忍びない
・・・という方におすすめの方法が
一部粉骨
という方法です。
頭部や喉仏などをなどを残して、他の部分を粉骨し、お遺骨のカサを少なくします。

 

 

粉骨した御遺骨の梱包方法や大きさ

 

水溶性紙梱包や真空パックで梱包いたします

粉骨基本梱包
基本の梱包方法
1袋にお入れして真空パックします。
木製又は紙製の箱にお納めして
お戻し致します。

粉骨の水溶性紙梱包/真空パック 
ご希望数に小分けする事も可能
小分けに水溶性紙梱包して
お戻しすることもできます。
2袋まで無料/3袋目から500円
(1袋/税別)

粉骨の水溶性紙梱包/真空パック 
木箱はご自宅供養にも
木箱は、火葬証明書が入る大きさです。
また、ご自宅に置かれる際にも
コンパクトに違和感なくご供養できます。

 

粉骨した御遺骨は通常、【真空パック】してお戻しいたします。

また、水溶性紙梱包して小分けにしてお戻しする事も可能です

水溶性の紙袋は水に溶けるので、そのまま海へ散骨することが出来ます。

散骨用に小分けにして水溶性紙梱包してほしい

一部を水溶性紙梱包にしたい

全量を水溶性紙1袋にまとめてほしい

全量をできるだけ小さな骨壺に入れ替えたい

必要数分に小分けにして水溶性紙梱包してほしい

 

・・・など、梱包方法はご希望に合わせて承っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

 

小分け水溶性紙梱包(100〜150g)

粉骨後の水溶性紙梱包

基本的な粉骨の仕上がり例

※ご依頼例※
水溶性紙梱包2袋と残りを1つにまとめてほしい

 

※梱包例※

7寸の骨壺で6〜7分目程度のお遺骨が入っている場合で

約150gの粉骨が入った水溶性紙で梱包した袋2つを

まとめて真空パックした物と、残りの粉骨を1袋に
入れて真空パックした物の合計3袋(2パック)でお戻し。

 

※オーダーでどのようにでも梱包いたします。
 その他のご希望として
1.水溶性袋20袋に分けてほしい
2.一部を小さな骨壺に入れて、残りは○袋に分けてほしい
3.一部は粉骨せずに、粉骨した分だけを○袋に分けてほしい
等、お申し込み時にご希望を伺いますのでご相談ください。

 

 

粉骨遺骨を小分けに梱包する場合のご費用・方法

水溶性紙梱包は2袋まで無料となります。
粉骨追加の小分け

水溶性の紙袋を追加の場合は

1袋につき500円の追加のご費用がかかります。

右の写真の場合ですと、水溶性紙梱包が3袋ですので

3袋分(1500円/税別)が追加のご費用となります。

※ご遺族様で海洋散骨をされる場合に

 乗船される人数分の粉骨パックをご用意される方が

 多いです。

※粉骨した御遺骨の全量が収まる大きな水溶性紙袋

 (1,000円/税別)もございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粉骨したお遺骨は紙製又は木製の箱にお入れしてお戻しいたします

梱包方法 梱包方法

粉骨したお遺骨は、紙製の箱または木製の箱にお入れしてお戻しいたします。

箱の種類は、ご選択頂けます。

 

 

ご相談・お見積りはお気軽に!

おこつ供養舎お気軽にお電話ください

スマートフォンの方はコチラから

 

おこつ供養舎の粉骨サービス

粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨 粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨 粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨 粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨
粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨 粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨 粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨 粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨
粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨 粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨 粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨 粉骨,種類,方法,散骨用,手元供養,分骨

資料のご請求・送骨用梱包キットをお送り致します

送骨キット4箱用送骨キット3箱用送骨キット2箱用送骨キット1箱用送骨キット 

※箱の送り主は合同会社 江戸の吉田となっておりますので、他の方には中身がわからない配慮となっております。

梱包キットのみの販売も可能です

販売価格3,850円(税込)送料無料でお送り致します ※荷姿はお送りした箱の中に白色の送骨箱が入っている状態でお送り致します

 

販売専用仕様となっております

 

送骨キット

送骨箱使用方法の説明書付き 3寸〜7寸の骨壺・骨箱対応パッキン付き 元払いと着払い送り状付き 送骨箱面に【おこつ供養舎】の印刷が入っておりません

 

※送骨箱はコンパクトな通称100サイズ(6〜8寸用の場合)  と呼ばれるものです

送骨キットの箱は連結が可能です(最大4箱まで)

複数の骨壺を同一箇所にゆうパックで送る際には、箱を連結して1個口で発送する事が出来る状態で お届けいたします。 複数口で発送するよりも送料がお安くなります。

資料請求はこちら

 

お問い合わせ

 

電話

※ネット関連の業者様の電話での営業はご遠慮くださいませ

※マスコミ関連の方の取材申し込みは故人様の尊厳をお守りする為に、基本的には

お断りさせて頂いております(社会的貢献度が高いとご判断されている場合は、ご相談下さいませ)

FAX

(9:40〜21:00)

送り先住所

振込先

カード決済 【おこつ供養舎】

このページのトップへ戻る

page top