森林葬・山林葬・樹木・山への散骨|おこつ供養舎

森林葬・山林葬・樹木・山への散骨|おこつ供養舎

山林・森林散骨葬

おこつ供養舎の山林・森林葬は人里離れた山中で行います。
散骨地はお寺様私有地の福島県の山中墓地隣接山林・新潟県寄りの長野県郡部の奥深い山中と
千葉県の太平洋側郡部の山中(主に竹林や雑木林)です。

 

ご散骨の詳細な場所は風評被害防止の為に公開する事ができませんが、いずれの場所も
歩道はなく車道からも離れた場所になります。
一般の人が立ち入る事は考えにくい位置です。(やや斜面である事も入山をためらわせます。)

 

粉骨した御遺骨をできるだけ広範囲に飛散させるように散骨させて頂きます。
数カ月も経過すると、草木の葉などについたパウダー(粉骨)の痕跡さえも全く消え去ります。
雨や風の自然の作用で土(森)と同化して行くのでしょう。
海が苦手だった故人様や山がお好きだった故人様には最適な散骨方法かもしれません。

 

山林散骨・森林葬のお申し込み方法と流れ

お申込みはお電話又はコチラからご連絡下さい

御遺骨のお預り

御遺骨のお預り方法

御遺骨のお預り方法は当社の海洋散骨葬の場合と全く同じです

 

ご希望の方法で大切なお遺骨をお預りします
@ゆうパックでのご郵送
(最近では90%近くの方がゆうパックを利用されています)
 ゆうパック専用梱包配送キット【無料】をお送りすることもできます。
  →梱包キットのご案内はこちら

 

Aご希望の場所まで当社職員が伺ってお預りする方法(別途出張のお引き取り費用がかかります)
   →御遺骨のお引き取りについてはこちら

 

B当社まで、お遺骨をお持ち込み頂く方法
(東京都江戸川区平井/JR中央総武線平井駅下車/要ご予約
   →お持込みについてはこちら

 

上記いずれかの方法をご選択いただき、当社で大切なお遺骨をお預かりいたします。

 

御遺骨の粉骨

御遺骨のお預り後(ご入金の確認後)に、粉骨の作業に入らせて頂き散骨葬の日まで当社のお遺骨
安置室にてお預かり致します。

 

粉骨作業は海洋散骨葬とほとんど同じですが、違う点は粉骨した御遺骨を水溶性紙袋には入れない為
完全乾燥の必要がない点です。
その為、数年経過して湿った御遺骨でも当社の乾燥室にて保管させて頂き粉骨出来る状態まで
保管乾燥をしてから粉骨いたしますので湿っていても乾燥料金は不要です。

 

※お墓に入っていた御遺骨の場合は、別途洗浄乾燥の費用がかかる場合がございます。
 御遺骨をお預かりして(拝見させて頂いて)から、正確な御見積もりをさせて頂きます。

 

山林・森林葬の実施日

御遺骨をお預かりしてから、3ヶ月以内(又は3柱様が当社に委託された時点)のお天気の良い日に
山林・森林葬を執り行わせて頂きます。(※山林葬オフ期間を除く)
※7月中旬〜9月中旬の2ヶ月間は千葉県の山林・森林葬は実施しておりません。
 (理由は近年の日本はこの時期、大変な暑さな為です。3体分の御遺骨と散骨葬の装備で
リュックが10Kg以上になります・・・当社のおじさん・おばさんスタッフ(笑)には少々ハードで
ございます・・・)
※12月中旬〜3月中旬の3ヶ月間は長野県の山林・森林葬は実施しておりません。
 (理由は雪のために足場が悪くなるためです)

散骨日のご指定について

散骨日をご指定頂く事も可能です(ご費用はお高くなり 千葉県は75,000円・
長野県は85,000円(税別)となります)
※雨・荒天・台風等により、ご希望の日に実施できない場合もございます。
 (その場合は事前にご連絡いたします。)

 

ご散骨完了のお知らせ

ご希望の方には、散骨葬が終了した日から1〜2週間以内に散骨場所から最短距離の駅名と散骨日
散骨時間を記載した散骨証明書をご郵送致します。

 

 

山林散骨葬のご費用

山林・森林葬のご費用

30,000円(税別)

 

ご費用に含まれる内容

送骨キット
御遺骨の乾燥
御遺骨の粉骨
代行散骨
ご献花
ご献酒・・・草木・生物保護の為に執行いたしません
散骨証明書

関連ページ

資料のご請求・送骨用梱包キットをお送り致します

資料請求はこちら

 

お問い合わせ

 

電話

お電話注意事項

FAX

(24時間受付対応)

送骨キット4箱用送骨キット3箱用送骨キット2箱用送骨キット1箱用送骨キット 

※箱の送り主は合同会社 江戸の吉田となっておりますので、他の方には中身がわからない配慮となっております。

page top